• ホーム
  • クラミジアを始めとした様々な細菌感染症に有効なレボクイン(クラビットジェネリック)とは?

クラミジアを始めとした様々な細菌感染症に有効なレボクイン(クラビットジェネリック)とは?

2019年11月20日
危険なウィルス

性病には様々な種類の病気がありますが、性器クラミジアを始めとした細菌感染症に有効な治療薬はニューキロン系だと言われています。ニューキロン系の代表的な治療薬にはクラビットがありますが、これのジェネリック医薬品にはレボクインと呼ばれるものがあり、クラミジアを始めとする細菌感染症の患者が利用するケースが増えているのです。性器クラミジアなどに感染した場合は、レボクインの利用を検討してみると良いでしょう。

ジェネリック医薬品と聞くと本当に効果があるのか疑わしく感じる人もいるかもしれませんが、これは先発薬と同じ有効成分が含まれており、同等の効果が認められているものなので、安心して利用することができます。つまり、レボクインは先発薬であるクラビットと同等の効果を期待することができるので、治療費を安く抑えたいと考えるのであれば、積極的にレボクインに切り替えても良いと言えるのです。

性器クラミジアに感染している人が利用する場合は、尿道炎にも効果を発揮してくれるため、つらい尿道炎の症状を緩和してくれるという作用をもたらします。この他にもそれぞれの性病の原因となる細菌に治療薬が作用して、様々な症状を緩和してくれるという働きがあるのです。各病気の症状に応じた有効性を示すので、あらゆる細菌感染症に効果的にアプローチします。

クラビットとレボクインの副作用や飲み方についてはほとんど同じですが、治療薬を入手する方法によっては1錠当たりの有効成分が異なるため、飲み方が少し異なる可能性もあるのです。病院で処方してもらう場合は医師から副作用や飲み方について指導してもらうことができるので何も気にしなくて良いですが、もしも個人輸入代行サービスなどを利用して通販で購入するのであれば、あらかじめ副作用や飲み方がどうなっているか調べておくことが大切だと言えます。

レボクインは細菌感染症に有効性を示しますが、ジェネリック医薬品なのでお得に購入することができるという特徴があります。性感染症の治療は長引いてしまうと数か月以上治療薬を飲み続けなければならないことも多いので、なるべく治療にかかる費用を抑えたいと思う人は多いです。そう考えるのであれば、先発薬であるクラビットと同じような効果を期待することができるレボクインを購入したり、クラビットではなくレボクインの処方に切り替えてもらうように、医師に相談してみたりすると良いでしょう。